ヘイフンテラス〜ペニンシュラ東京〜

楽しい時間を共有すること。
嬉しかった。楽しかった。
そう言ってもらえることに。
私は幸福感に満たされる。

きっと。
そういう存在でありたいのだと願うのは。
そういう承認欲求を満たしたいからなのかと。
時々、俯瞰して考える。

食事をしながら。
美味しいものを頬張りながら。
笑みが溢れる。
幸せに満たされて。

ご飯を食べながら、
怒ることなどできないんじゃないかと思う。

もちろん、美味しいものだから。とか。
そういう場所だから。とか。
背景にあるものが重要だけれど。
一緒にいる人が心地いいと。
もっと楽しくなって欲しいと願う。

最近「あざとい」という言葉が注目されているようだけれど。
その先に何があるのかを知った上で、あざとい心理が働くということを。
あざといのは、計算なのか、天然なのか。
素でできることが、あざとさなのだろうかとか。
いろいろと考える。

そう思うと。
私なぞ、あざとい典型なんじゃないかと思うけれど。
そのあたりの線引きが有耶無耶のままで。
ただ、それができるかは。
自分の価値観やプライドがどう作用するかによるもので。
利己を優先しているのか、結果、周りの人も楽しいのであれば。
それでいいと思うのだ。

広東料理 ヘイフンテラス(ペニンシュラ東京)
https://www.peninsula.com/ja/tokyo/hotel-fine-dining/hei-fung-terrace-chinese-restaurant