Restaurant&Wine Bar GODDESS

「僕はね、自分の中で折り合いがついていない人が好きなんだ。」と
幻冬社の見城社長と林真理子が対談している本の一節。 

あー。
そういうことね。と妙に納得したというか。
みんな折り合いをつけていないんじゃないかと思っていたけれど。

「折り合いがつけられない人が、表現(作品)にできるんだよね。」
というようなニュアンスで書いてあった。

折り合いなんてつかない。
それを含めて生きているというのに。

だから私は今日もこうして言葉を残して。
自分のわだかまりや、もやもやを昇華させたがるのだろう。

あれほど、一人でいる時間を欲していたのに。
独りでいる時間の贅沢さを忘れているなんて。

ちょっと足りない。
そのくらいが、ちょうどいい。

そんなことを思い出した土曜日の昼下がり。

Restaurant&Wine Bar GODDESS (麻布十番)
http://goddess.tokyo