Restaurant&Wine Bar GODDESS

「僕はね、自分の中で折り合いがついていない人が好きなんだ。」と 幻冬社の見城社長と林真理子が対談している本の一節。  あー。 そういうことね。と妙に納得したというか。 みんな折り合いをつけていないんじゃないかと思っていた…

TANGO (六本木)

知らない自分が出てくる時の驚きと言ったら。 私の中の奥の奥の奥に住んでいたらしい。 恐る恐る顔を出し。 いつでも引き返せるように様子を伺う。 未知の存在に遭遇するのは。 他者だけでなく。 自分の中にも潜んでいるらしい。 …

M HOUSE(エムハウス)

複数の人数で会うことも好きだけれど。 学生の頃から一対一で会う傾向が強い。 その人と向き合って。 話をしながら記憶していて。 密度の濃い時間を過ごして。 それぞれに違うからこそ。 ごちゃ混ぜにならないように、大切にしてい…

代々木parabola

随分前に行こうと思っていたカフェだった。 なんとなく懐かしく感じて。 あっという間に季節が巡ってしまったと思い知る。 あの時と私は変わったのだろうか。 成長したのだろうか。 自分らしくいるだろうか。 いつも自問する。 そ…

Ristorante incantina

桜が好きで。 桜を眺める時間が好き。 あぁ、ようやく長い冬が終わりを告げて。 ワクワクする始まりが訪れる。 見下ろす都会の桜に。 儚さを感じながら。 私は演じているのか。 自然体でいるのか。 時折、自分でも分からなくなる…

ラ クッチーナ

飽きることなく。 高いところからの景色は好きだった。 そこにいる人たちの空気感を眺めて。 見下ろす夜景を背中にして。 「基準」とは何なのか分からなくなるけれど。 好奇心は変わらずに衰えないのだった。 la cucina …