BAR Napoléon

自分がそこにいる理由を知りたくて。
どうして自分が呼ばれるのかを知りたいと思った。

説明にならないし、
わざわざ伝えたところで理解できないだろうと思われるけれど。
あなたがいなければ。という必要とされたいという欲求を満たすために。
あらゆる言葉を相手に求めるのは難しいことで。
自分の言って欲しい言葉がないからと、泣いたり叫(わめ)いたりするのも筋違いな話なのだが。

知識を得ることで、そのこだわりの感情から解放されたり。
手放したりすることをしながら。
苦しさから逃れたりするのだろう。

嬉しいことも、悲しいことも。
ひっくるめて。
今を生きているのだと思う。

 

(BAR Napoléon/ナポレオン) 赤坂プリンス クラッシックハウス
https://akasakaprince.com