割烹ままかり

岡山出張で訪れた。 一日中、視察ポイントを巡った夜。 「ままかりを食べよう。」とグルメサイトでチェック。 ままかり の「まま」は、「まんま」と同じ「飯」のことで、漢字では「飯借り」。ふむふむ。 地方の旨いものを堪能した夜…

鮨 新太郎 

銀座のビルの地下1階。 予約した時間より、少し早めに着いた。 入り口で座って待つ私達に 「若いのに、こんなお店に来られるなんていいねぇ。」とご機嫌のおじさま。 その言葉をたしなめるかのように 「そんなことを言うより、 彼…

さんかく亭(小樽)

広い市場ではないけれど、そこには鮮魚を扱う活気に溢れていた。 1月の小樽。 寒くないわけがない。 もしかしたら、 荒天で帰りのフライトが出ないかもしれないという情報。 まさかね。と市場に寄り道をした。 「お刺身、盛り合わ…

鮨 いしかわ

年の瀬。 1時間にも満たない、 凝縮した忘年会。 駆け抜けた1年。 「40歳」という節目。 想像以上の息吹に溢れた。 年輪を重ねる。 このまま五十路も、還暦も。 鮨 いしかわ (西新宿) https://tabelog.…

里山十帖(朝食編)

子どもの頃だったら全く興味を示さない料理。 今ではそれが、ご馳走ごはん。 具沢山のお味噌汁。 炊きたてのご飯。 昆布・梅・お魚・おひたし・イクラ・卵焼き・・。 身体が温まる。 目覚めのスイッチが入る。 降り積もった雪に反…

里山十帖(夕食編)

綺麗になるということは、 身体が健康であること。 心が健やかであること。 こんなに手の込んだ愛情溢れる食事に触れて。 気持ちが弛緩する。 身体にも、心にも養分が行き渡る食事だった。 その土地ならではのものを、その季節に、…