神戸北野ホテル

「世界一の朝食」という。 「日本一の朝食」とか、 「ニューヨークの朝食の女王」だとか。 色々あるけれど。 目に楽しく、身体に優しく、舌に美味しく。 世界一の朝食を、すこぶる優雅に過ごせたのは。 やっぱり神戸の空気がそうし…

HOTEL & RESORT HOTEL Limani

社会人2年目の彼女は、泣きながら私に話した。 体調を崩して、会社を休んでいます。と。 そうなのね。 じゃ、旅に行っておいで。と。 90分間のセッションで。 スッとした表情で帰っていった。 狭い視野で堂々巡りするくらいなら…

チレ(バリ島)

目覚めと共に歓喜で叫んだ。 「素敵過ぎる!」 部屋の窓から見えた景色は、まるではめ込まれたかのように完璧な美しさだった。 一瞬にして、私は恋に落ちる。 一目惚れという現象。 初めてだった。 ホテルの敷地は広く、カートで移…

しなの荘 

年相応というのは、何を指すのだろう。 いろいろな経験を経て、今の自分が在る。 昨夜は、コンビニで買ったスナックとつまみで。 ビール・赤ワインを飲みながら。 グダグダだらだらとお喋り。 まるで学生の合宿のように。 ジャージ…

山の上ホテル

将来のことを話すこと。 これから先のことを言葉にすること。 何年か前に描いていたことだった。 これが好き。 こんなことがしたい。 イメージすることは自由だった。 私は空想と現実を行き来する。 イメージ出来ることは、叶うの…

金乃竹 塔ノ澤

創作和食料理。 なんでもアリ。 美味しく仕上げること。 意表を突くこと。 新しい発見。 品書きを良く読まず。 一口食べては 「!!!」 の連続。 一泊出来なくても。 日帰りでも。 箱根の旅館 金の竹塔ノ澤 http://…

二期倶楽部(那須)

嵐のように荒れた空。 初めて訪れる場所。 まるで美術館のようなホテル。 ここに相応しい人で在りたいと思いながら。 食事と合わせたマッチングのワイン。 細く美しい箸でいただく料理。 今日は、なんの記念日だったっけ。 どこか…

坐忘林(客室編)

ここで過ごすために訪れた。 佇まいはその本質を現す。 経験値は滲み出る。 浅い経験も武器になり、 重ねた体験は魅力の深さとなる。 食べたもので身体が作られるのならば、 見聞きし、経験し、思考したもので精神が作られる。 表…

坐忘林(朝食編)

「お忍びで来る方も多いんですよ。」と言う。 私の顔を見て、アナウンサーの誰々に似ているという会話の流れだった。 そんな気さくな雰囲気も好き。 和食に合わせた器なのに、 まるでアフタヌーンティーのようなセッティング。 想い…