Vol.52 世界的なパラダイムシフトの渦中で 〜翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都編〜

世界中が新型コロナウィルスの影響で大混乱を起こしている。
刻々と変化する日々に。
多くの人たちがストレスを抱えている。
国の緊急事態宣言が出される中で。

回らなくなっている経済。
混沌としたエネルギーが渦巻きながらも、
光は差しているのだろうか。

これから先、どうなっていくのか。
守るものがあるからこそ、これからの不透明さに。
ようやく直面した危機感に慄く。

本来ならば、常日頃から感じてもいいはずなのだ。
これからの人生がどうなるのかを。
我が子の人生をどうサポートしていくのかを。

漠然と生きていたことを直視する日々に。
自分の無力さを再認識する日々に。
そして、能力をきちんと発揮することをせず。
惰性のまま、フル稼働していなかったことへ。

いつ本気になってやるのか、と。
そればかりだったけれど。
私のそれは、今なのだろうか。

そんなことを考えているうちに。
緊急事態宣言が出された。
煮え切らないような政府の対応に。
国民の不満はいずれ爆発するのだろうか。

そうして。
暗澹(あんたん)たる動きの中で。
私自身にも様々な変化が生じている。

途方に暮れてみたり、楽観的になってみたり。
そんな日々に。

繰り返される「不要不急」の言葉に。
健康で五体満足でいられることに感謝して。
淡々と日々を過ごす。

ある意味、そぎ落とされた日常を生きることで。
丁寧な暮らしをしよう。

子ども達に不要な不安を与えることなく。
いつもと同じように暮らしていよう。

食費が嵩むとか、体力が落ちるとか、学力が下がるとか。
売り上げが全然立たないとか、将来の見通しが不透明とか。
挙げたらキリがないけれど。

刻々と変化する日々を追いながら。
第一線で働く人たちを慮りながら。
今できることをして。
また私たちの力で、未来を創っていけたらいいと願う。

旅もしばらく自粛になろうかと思うけれど。
不用意な移動は避けるようにという。
東京から移動することもしないように。ということなので。
来月からは、別の旅の記憶を綴ることも視野に入れてみよう。

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル 京都
https://www.suihotels.com/suiran-kyoto/

天龍寺
http://www.tenryuji.com

嵯峨野 竹林の道
http://www.japan-travel-navi.jp/kyoto/spots/rakusai/chikurin/

渡月橋
https://www.kyoto-kankou.or.jp/info_search/?id=289&r=1586057085.6399

嵯峨野トロッコ電車
https://www.sagano-kanko.co.jp

金閣寺
https://www.shokoku-ji.jp/kinkakuji/

下鴨神社
https://www.shimogamo-jinja.or.jp

嵐山のむら(ねぎ焼)
http://www.arashiyama-nomura.com

京都駅
https://ja.kyoto.travel/tourism/single02.php?category_id=8&tourism_id=707

人力車のえびす屋 
http://www.ebisuya.com