アリラ ヴィラス ウルワツ 〜バリ島での休暇〜

桜の開花時期と重なるかどうかという日程で。
約8時間のフライトを経て到着した、デンパサール空港。

寒の戻りが著しい東京を脱出し、南国の空気の中へ。

夜の移動。
タクシーで40分。
車窓から眺めるバリ島の断片。
その生活を想像しながら、滞在する数日間の序章が始まった。

訪れたホテルの外観に、思わず息を呑む。

お互いを引き立たせる白壁。
縦線に伸びる植物の緑。
長方形に組まれた濃い灰色の石煉瓦。
静かに張られた澄み渡る水面。

吸い込まれる空間に、移動での疲れが吹き飛ぶ。

一夜明けて目覚めると、私は楽園の一室で眠っていたことに気付く。

素敵過ぎる!と声を上げて飛び起きた。
まるで無邪気にはしゃぐ子供のように。
目の前の景色が、あまりに美し過ぎて。

ストレスの掛からない空間が目の前に広がる。
遮るものがないその先の、果てしなく広がるインド洋。
人は何をもって癒されるというのだろう。
美しい自然は、ただそれだけで心を奪われる。

そして、そこに人の手が加わり、
不自由ない生活が出来る要素を投入した時に、
ラグジュアリーな空間が誕生する。

それがいいか悪いかは、別として。

例えば、Wi-Fiの環境。
世界中のどこに居ても、誰とでもつながれる環境が不可欠な現在。
私達は、自然を求めながらも他者と繋がり、便利さを放棄出来ずにいる。
オーガニック食材を摂り、健康のためのヨガを習慣にする。

美しくあるために。
健康であるために。
魅力的でいるために。
生きていることを感じるために。
そして、誰かと繋がっているために。

建築美と自然美を極めた造形。
ハイエンドの空間。

自然だけでもなく、環境だけでもなく、品質だけでもなく。
全ての最高級をさりげなく、確実に、微細な部分にまで神経を張り巡らせる。

その細部を敏感に感じ取る時。
身体が再起動するかのように、代謝が加速するかのような感覚に出逢う。
脳から、内蔵から、皮膚から、全ての細胞が沸き立ち、沈下する一連の流れ。

私は旅を重ねる度に、脱皮しているらしい。

数日後、バリの違う顔を求めて街へ出た。
訪れたクタ地区・ウブド地区は、バリの生活を剥き出しにする。
数えきれない観光客用のお土産・衣類・家具などのショップ。
エリアによって石・画・家具・銀製品などの集落に分かれる区域。

行き届かない空気の臭い。
現地の人達の呼び込みの声。
つきまとう日本語での勧誘。

アジアのそれは、ここでも目撃するのだった。

私は、この生々しさこそが生きることなのだと。
どの世界に於いても。
どの土地に住んでいても。

人種・宗教・環境・法律・秩序・概念・価値観など、様々なものが入り交じり私達は存在するのだ。

奢ることなく、蔑むことなく。
そして、自分自身を見つめ直す。

人生を味わい尽くすには、酸いも甘いも知っている方がいい。
多面的な振れ幅を持ち、視野を拡げ、受け入れる自分の器を押し拡げながら。
衝撃を受け、涙を流し、至福の時間を重ね、喜びを感じる感性を育みながら。

自分の人生を、自分の足で踏み固めながら。
私は、今日も旅に出る。


=訪問先リスト=
バリ島(インドネシア)
・アリラ ビィラス ウルワツ
https://www.alilahotels.com/jp/uluwatu
・ブルガリリゾーツ バリ
https://www.bulgarihotels.com/ja_JP/
<クタ地区>
・Gabah Restaurant & Bar
・URUWATU (衣料・シルク製品)
http://uluwatu.co.id

<ウブド地区>
・テガララン ライステラス (Tegalalang Rice Terrace)
・ウブド市場
・UBUD ahh (アクセサリー・雑貨)
公式Facebook:https://web.facebook.com/UBUDahh
・kafe bunute Bar
http://www.bunute.com
・ジェラートシークレット (Gelato Secrets)
http://www.gelatosecrets.com