vol.24 凪も嵐も太陽も。〜ホテルふたり木漏れ陽 編〜 【伊東温泉】

第一印象は、最初の数秒で決まる。
人・空間・建物・動物・芸術・あらゆるものの印象を、無意識に。
また、意識的に察知する。

イメージしていた印象と実際に訪れた時の印象が、直感的にズレた。
自分の好みやセンスだったら、どうしただろうかと考える。


挙げたらキリがない程の違和感に。
要するに、私の好みではなかっただけなのだと納得させることにした。
どうしようもならないことを、いつまでも不服に思っても。不満に感じても。
物事は好転することはないのだから。
それを経験にして。自分のセンスを磨けばいい。

直感と感覚。
それを確かめるために、しばらく付き合う。

やっぱりそうだった。と。
私の直感は間違ってなかったと、確認したいだけなのだけれど。

第二印象は、翌朝の朝陽が全てを覆した。
カーテンの隙間から光線のように差し込む光で目を覚ます。

伊豆の穏やかな海。
黄や朱に色づく木々の葉。
灰色の薄く広がった雲に反射する光が夜明けを報せた。

自然の音だけに耳を傾けて。
インサイドテラスでの静かな朝食。

陰と陽。
ONとOFF。

淋しいという感情は、どこから生まれてくるのだろう。
悲しいという感情は、どうして溢れるのだろう。
恋しいという感情は、どこに繋がるのだろう。

「約束なんてしなければいい。」
いつの日からか、そう思うようになっていた。

期待しなこと。
期待させないこと。
気が向いたらでいいから。
気が向いたら声を掛けて。と。

縛るのがイヤなのは。
縛られるのがイヤだから。

駆け抜ける日々を確かめるように。
重ねて来た過去の意味を振り返りながら。

我が子の成長を見守りながら。
自分の未来について、思い描くものを抱えながら。

 
 
 
 
 

<訪問先>
伊豆温泉のオールインクルーシブホテル
ホテルふたり木漏れ陽
https://komorebi.bz

味楽家 まるげん (静岡県伊東市)
http://msoweb.cloudapp.net/rakumiya/

JR踊り子号
http://www.jrizu.jp/train/

MANA SPA
http://manaspa.co.jp