vol.63 それはまるで導かれるかの如く〜鳥取砂丘と出雲大社〜

まるで、ずっと前から決められていたかのように。
私はそこへ向かった。
4日間の奇跡の日々で、私は息吹を取り戻した。

絞り出すようになるまでに使い果たすエネルギー。
私は、毎日全力で向き合っていた。

自分の感情に。
相手の内面に。

ネイティブに持つチャネリングの能力は。
誰しもが出来るものだけれど。
それを実際に使えている人が少ないことに、自分の使命を再確認する。

この3ヶ月。
全身全霊を投入して。
私は、自分らしさを保ちながら走り続けた。

愛用するMacBookAirの2台使いで。
オンラインであらゆる仕事をすること1年以上。
セッション、司会、打ち合わせ、講師など。
それが当たり前の日常になりすぎていて、
リラックスする方法を忘れ掛けていた時だった。

「出雲の神様に会いに行きたい。」
そう願った時。
まるで導かれるかのように、私はそこに向かった。

荒れる天気はいつもの通りで。
土砂降りの雨での歓迎を受けた。

初日に訪れた鳥取砂丘の海風に晒されながら。
私の中に蓄積されていた煤(すす)のような蟠(わだかま)りを、全て吹き飛ばして。

直前に見舞われた大粒の雨に。
濡れて重くなった砂を踏みしめながら。
はしゃぐ子どものように丘を駆け降りたりする自分に。

非日常の解放感と海原を前に。
私の本来の姿が見え隠れした。

翌日に向かった出雲大社。
夜中からずっと土砂降りの雨。
いつものことだけれど。
この日ばかりは、止む気配がなかった。

それでもホテルから70km 以上離れた出雲大社は晴れますように。

そう願いながら。
そう信じながら。

移動して1時間程で。
「あそこだけ、雲が切れてますよ。」という言葉に。
どうやら、神様に歓迎されているようで。

心のどこかで、そうなると疑わなかった自分に。
辿り着いたそこの空気は澄み切り。
皐月の草花の鮮やかさに目を奪われながら。

ゆっくりと神様にご挨拶をして回った。
「はじめまして。」「こんにちは。」
そんな気持ちで。
生かされていることへの感謝の想いを伝えて。
私はわたしの生き方を報告したように思う。

そこから八百万の神々をお迎えするという稲佐の浜で。
その弁天島の佇まいを眺めていたら、
素敵な写真が撮れたと見知らぬ観光客の女性に声を掛けられた。

知らないうちに被写体となっていた理由を見る。
ひたすらに優しく、愛おしい空気を纏っていたことに。
切り取られた世界観の贈り物は、私に気づきを与えてくれた。

こうして過ごした時間は一瞬の連続だけれど。
そうして積み重なったもので、私たちは生きているのだから。

再びこの地を訪れる時は。
どんな自分なのだろうかと。
そして、その日が来るのだろうかと。
未来の自分がイメージできることに。

これまでと違う何かが始まったのだということを。
そのまま受け入れていこう。


 
 
出雲大社
https://izumooyashiro.or.jp

鳥取砂丘
https://www.tottori-guide.jp/sakyu/

すなば珈琲
http://www.sunaba.coffee

大社珈琲
https://www.facebook.com/taishacoffee1

鳥取砂丘コナン空港
https://www.ttj-ap-bld.co.jp

米子鬼太郎空港
https://www.yonago-air.com

日本一たい焼 島根出雲縁結び店 
https://www.nipponichitaiyaki.com

祝凧
http://izumo-teshigoto.jp/kyo/kyo_01.html

そば 荒木屋 
https://www.izumo-kankou.gr.jp/1640

稲佐の浜
https://www.izumo-kankou.gr.jp/213

ベイサイドスクエア皆生ホテル
https://kaikehotel.com

ヒルトン東京 
https://tokyo.hiltonjapan.co.jp

ラグジュアリーな旅を
もっと自由に、あなたらしく。
リコ旅の公式LINE@で、
特別な情報をお届けしています。

友だち追加

ID検索の場合 @947whvjk

ご登録いただいた方には、
ワンランクアップする旅の情報や、
高級ホテルに無料でステイする方法などをご案内しています。

お友達追加した方全員に
いますぐ使える情報がもれなく届く
キャンペーン実施中♪  
*プレゼント期間:2021年6月30日まで*