vol.68 四十路の悟りと、迷走と、もどかしさと。〜ヒルトン東京お台場編〜

女の40代をどう生きるか。
そんなことを考えるようになり。
もう一度、何かチャレンジしてみたくなって。
初心に戻りたいのか、とか。どうしたいのかを。
いくばくか考えて。

結婚して17年。
当時、28歳を目前に仕事を全部辞めた。
24時間を仕事とプライベートを自分のためだけに使っていた頃。
仕事としては、これからだったと振り返っても。
その時は、それ以外の選択肢は考えられなかった。

妻になり、子宝に恵まれ、家族に捧げる時間を10年。
それから、少し外に目を向けて。

昭和の女性の生き方のようだけれど。
「おかえりなさい」と「いってらっしゃい」を言いたくて。

かと言って、ずっと家にいることの呪縛に陥っていたわけでもなく。
親子留学したり、ママの夏休みを取ることで、一人の時間も持ちながら。

節目を迎える度に、立ち止まりながら。
どうしていきたいのかを、いつも自問していた。

子どもの成長が乳幼児期→児童→生徒→学生と変化していく中で。
自分の時間が増えた。

6年前に自分の会社を作り、法人化して。
自己実現のための想いを詰め込んでいる。

果たして母と娘というのは、難しい。
実母との関係を振り返りながら、我が娘との距離感を思う。

私は向日葵の如く太陽の性質を遺憾無く発揮し、
天真爛漫に好きなように生きてきた。

母は見事な孤高の三日月タイプで。
美しくなければ認められないという信念を持つ女性だった。
もちろん、それは古希を過ぎた今も輝きを放っている。

ビジネスを成功させたいのであれば、
親との関係を改善することだ。と学んだ時に。
三十路を迎えた私は、素直に両親宛に手紙に綴った。

「産んでくれて、ありがとう。育ててくれて、ありがとう。」と。
それから、肩の力が抜けたような気がする。

全ては自分のためなのだと。
相手を赦すとか、執着をなくすとか、手放すとか。
謝ったら自分が負けるような気がするとか。

そんなことは、どうでもいい。
ねぇ、あなたは幸せになりたいの?
だとしたら、身近な人の呪縛を。
自分で縛り付けている呪いを。
解き放てばいいのだから。

私は私自身の幸せを願うことで、
余計なことから解放された。

自分で自分を不幸にしてしまうことほど。
愚かなことはないのだから。

私は、月も太陽も自然も全て受け入れて。
その人の自然体を好む。
そういう人の側に居たいし、我が子達の個性を受け入れて。
ただ、楽しい方がいいわよ。ということを伝えながら。
愛される術を伝授する。

あなたが自分を愛することで、
周りの人を幸せにすることができるでしょう。

見事に我が娘は、月の性質を内包しながらも。
強く生きている姿が頼もしく。
吸収する日々を駆け抜けて欲しいと願う。

台風の日にわざわざ。
お台場のヒルトンに泊まって。
私の心の変化のように。
嵐から透き通るような空気に変化する様に。

グジグジといつまでも立ち止まってるなんて、
私らしくないと。
そう言われたような気がした。

<訪問先>

ヒルトン東京お台場
https://www.hiltonodaiba.jp

sea scape
https://www.hiltonodaiba.jp/restaurants/seascape

TGI Friday お台場アクアシティ店
https://www.tgifridays.co.jp

**一流レストランで学ぶ実践講座のご案内**

❤️恋愛テーブルマナー講座❤
🍴テーブルマナー1day レッスン🍴
✨経営者のためのテーブルマナーレッスン✨
✏️テーブルマナー総合レッスンコース✏

\\魅話力®️スタイルアカデミー 開講中//

一流の振る舞いを身につけて旅をより楽しむ