The Bar illumiid

瞬く間に時は流れて。
暦は神無月。
肌寒さを感じたと思えば、衣替えを済ませていないことに気づく。

いよいよ日本も季節感が失われつつあり。
寒暖差の激しい一週間を過ごすことが珍しくなくなってきた。
台風の荒れ方は一層にひどくなり。
人力では太刀打ちできない現実を目の当たりにする。

40代の私の過ごす時間を。
50代になった時にどう感じるのだろうか。
60代になり。
両親の年齢になった時に自分を想像する。

そもそも、今だった両親が40代だった時を想像すると。
なんとも若かっただろうと思うのだ。

もっと謳歌しておこうと。
誰に遠慮することなく。
自分のしたいことに素直になればいい。
その責任を持つことを我が子に伝えながらも。
我が身を振り返りながら。
キリキリとしてしまうけれど。
まだまだこれから成せることはあるはずなのだと。
自らに叱咤激励をし。
守られるだけでなく。
もっと冒険せよ。という内なる声がささやく。

今は、まだ囁く程度で。
もしかしたら、この先大声で叫ぶことになるのかもしれない。
その前に。
私は旅に出るだろう。

The Bar illumiid (ザ プリンス東京ギャラリー紀尾井町)
https://www.princehotels.co.jp/kioicho/dining/illumiid/