LE VIN 2 DEUX

たとえ君が、そんなつもりはなかったとしても。
僕が受けた衝撃は、君には理解できないだろう。

言わずにして伝わる気持ちなど。
本当にあるのだろうか。
思い込みの恐ろしさを。
君は知っているのだろうか。

そうして人は誰かを傷つけながら。
また、傷つきながら生きている。
血を流しながら生きるのが辛いから。
真正面から向き合うことを避けて。
時と共に傷口はふさがるけれど。
傷跡は残ったままだ。

次第に僕は君との距離を置くこと考えるようになり。
その居場所で新しい自分を模索してゆくことになるだろう。

時は残酷だけれど。
それでも人は生きてゆく。
過去になってしまったものは、時を超え鮮やかさを失い。
諦めと憧憬として、思い出となるのだった。

LE VIN 2 DEUX (ル・ヴァン ドゥ) 銀座
http://levin-ginza.com/levin2/