Le Jardin Charme

見覚えのあるような庭に。
いろいろと連れて行かれた記憶が蘇る。

「ねぇ、素敵でしょう。」
そう言って母は満足げに私に話しかけた。

「まーね。」
いまいちピンとこない私をよそに。
確か、20代の頃だったと思う。

美意識の高い母と。
破天荒な父に。

この庭を訪れて。
既視感からの紐付けされた記憶。
過去を生きるつもりは全くないけれど。

新しいことへの純粋な刺激はだんだんと薄れていき。
こうして人は経験を重ねることで。
落ち着きを増してゆくと言うのだろうか。

Le Jardin Charme (広島県尾道市)
https://www.facebook.com/Le-Jardin-Charme-1460569274160115/