La Bone

居酒屋で仕事。
そういうこともあるだろうに。

人ごとではなく。
自分のことになってしまった。

どうやら、スーパーバイザーだというその人は。
その日も涼しい顔をして。
いつも至極真っ当なことを私に言い放つ。
スパルタ教育でもなく。
強いて言うならば、放置プレイな感じで。

君はちっとも僕のありがたみが分かってないね。
そんなようなことを含みながら。

あぁ、つくづく人というものは。
興味がないと全く情報は入らないものだと。
改めて感じながら。

ようやく外の世界をもっと知りたいと動き出し。
好奇心を掻き立てる。
こうして知的好奇心を刺激され。

無知とは一番恐ろしいものだと。
いろいろな意味で自分の世間知らずさを痛感し。
それでも、知りたい、学びたい。という意欲のある今は。

一縷の望みを賭けて。
トライしてみようと思うのだった。

La Bone (新宿三丁目)
https://labone.owst.jp