grass-B

ねぇねぇ。
道、間違えているんじゃない?
ナビを信じていいの?
そんな不安にかられながら。

たどり着いたのは、魔女の住むカフェだった。
森の奥深くに佇むその場所は、隠れ家という表現が相応しく。
ひっそりと主張した心地よさに包まれていた。

東京の都心に住んでいると。
賑やかなことが当たり前で。
ビルがそびえ立ち。
東京タワーを中心に放射状にエネルギーが集まる。

そこから離れて。
皮膚呼吸をして。
深呼吸をしながら。
私は蘇生するかのように。
自然の中に溶け込んだ。

薄く焼かれた4種のチーズピザに。
たっぷりとはちみつをかけて。
自然を一緒に頬張りながら。
初夏の訪れと、生きている喜びを感じていた。

grass-B (南房総の山でひっそりと営業している家庭的なカフェ)
https://www.grass-b.com