新宿 伊勢丹 西櫻亭

予定通りに行かないこともある。
それはよく理解している。

「ただいま、カオリコ様のご立腹でござりまする。」
そんな風に。
茶化してしまいたいけれど。

そんな簡単に機嫌が直るはずもなく。
一通りの言い訳を聴こうじゃないかと。
腕も脚も組んで。
踏ん反り返って、思いっきり悪態をついてやろうと肚に決めて。

それなのに。
拍子抜けする程に。

素直に「ごめんなさい。」と言われると。
ヘソを曲げて、「ご・・・なさ・・い」などと言われても。

なんでも許してしまうのは。
息子は最後の恋人などと言うけれど。
そんなものなのかと。

じゃあ、娘はなんだ?と言えば。
ワタシにとっては、姉になるのか。
諭す係とでも言うのだろうか。

子どものような母を持つ我が子たちに。
時折、親としての信念を伝えながら。

会話をすることの愉しさを。
日々の中で感じて欲しいという願いを込めて。

喜怒哀楽を大切にしながら。
その理由を考えて。

第一感情と第二感情を携えて。
素直さと、悔しさを抱きながら。

いつも、どうしてそう思うの?と尋ねる。
言葉にして説明してくれると。
彼の中のわだかまりが溶けていくのだろう。

ワタシはそれを否定しないし。
そうなのね。と話を聞く。

解決するのは自分自身。
それの手助けをするだけのこと。

西櫻亭 (新宿 伊勢丹)
http://www.seioutei.com