南国(京王プラザホテル)

ほぼ毎日。
私は心情を書き落とす。
食のブログと称して。

ほとんどと言っていいほどに、
味の感想を述べることをしない。

それでも好きなものはリピートして食べたくなるもので。
この大海老とオーロラソースの組み合わせの妙と言ったら。
頬が緩み、饒舌になるのは仕方のないことだった。

隣の家族の会話が耳に入って来たりして。
みんなそれぞれ大変なものなのね。

と読売新聞の人生案内のような内容につい聞き入ってしまったりして。

最近、私の脳裏を離れないことの一つに。
幸せとはなんぞや。ということがある。
何が幸せなんて。
死ぬ時にしか分からないのだろうけれど。
それでも。
重ねた時間の中で。
幸福だったかどうかなんて。
自分で決めることなのだ。

とかく今の社会は。
他者が評価しすぎていて。
生きづらさばかりが際立つ。

過剰に反応をして。
過敏になっていて。
振り回されずに生きるということの難しさに。
誰もが辟易しているのだろうけれど。
不感症になることが良いとするならば。
私はやっぱり生きづらさを選択するのだろうか。

中華料理<南国> 京王プラザホテル
https://www.keioplaza.co.jp/restaurant/list/nanen