円かの杜 朝食編

旅に出ると。
いつも食べる量の2〜3倍は摂っていると思う。
地のものや旬のものに舌鼓を打った翌朝。
お皿や鉢の数が沢山で。

こうして沢山召し上がれ。
とおもてなしをしてもらい。

自分で作らないことが、
すでに贅沢なことだと感じている私にとって。
至れり尽くせりで本当に幸せだと感じてしまう。

そして思う。
幸せの沸点なんて本当に低くていいのだと。
誰かにもてなしてもらうこと。
美味しいお料理を食べられること。
一人でいても、誰かといても。
幸せはいつもそこにあるのだから。

円かの杜(強羅花扇)
https://gorahanaougi.com/madokanomori/