ビステッケリア エノテカ イル モーロ

ポロポロと落ちる涙を。
私は抑えることもできなかったし、抑えようともしなかった。

悔しさや切なさ。
寂しさとやるせなさ。

怒りの感情よりも、理解されないことや、
自分の存在意義すら無意味に感じていた。

思いやりという言葉。
相手への配慮。
基本的なことが失われた時に。
私は何のためにそこにいるのか。
ただただ、切なかった。

来てくれて、ありがとう。
心配してくれて、ありがとう。
心配させて、ごめんね。

そういう言葉を期待してしまうことすら。
やめた方がいいのだろうか。
献身的なものを求められているのならば。
私には、それができない。

諦めにも近いその感情は。
大切なものを無くしそうで。
必死だったけれど。

人生に於いて。
それは私にとって必要な経験なのだろうか。
本当に悲しく、切ないものであることに。

ビステッケリア エノテカ イル モーロ (銀座)
 http://ilmoro.jp/