ステーキ&トラットリア カルネジーオ 大手町

「君は曇り空の間から差す、一筋の光のようだから。」
その人は、そう言って私を形容した。

「存在が太陽のようだという人もいるだろうけれど。
そうとも限らないよね。」

その人の圧倒的な存在感に。
わたしは困惑しながらも。

結局、いつも通りにしか話ができない。
「あなたは、そのままでいいんですよ。」と、
別の人に言われたばかりで。

それ以外の自分になれるはずもなく。
肉と赤ワインを堪能していた。

苦渋の決断で導き出した選択を。
簡単に覆せるほどに単純に出来てはおらず。

俗世に生きることを味わい尽くそうとしているのだろうか。

そんなことを思い巡らせながら。
言葉にならない感情が渦巻いた。

ステーキ&トラットリア カルネジーオ 大手町
https://selecao.co.jp