スイデンテラス(朝食編)

無駄のない空間に。
生活感を取り除き。

必要最低限のシンプルさで。
私は切り取られた時間を過ごしていた。

人はもっと自然体でいいのに。
そう常々思いながら。
そのことを伝えることを仕事にして。

地方創生という言葉を反芻しながら。
広がる水田を眺めていた。

10代の後半に。
私は、山に囲まれた故郷から抜け出したかった。
大学進学まで待てず。
高校3年の夏に、日本から飛び出した。

1年の留学期間を経て。
再び地元に戻った時は。

両親の元から離れたくて仕方なかったのだから。
今、娘が早々に外に目を向けることは。
かつての自分がそうだったように。

止めることなどできないし。
そのつもりもない。

時の速さを感じながら。
東京にいる時間をヒリヒリと実感しながら。

行き来できるような生活環境になればいいのに。と考えながらも。
結局のところ、私は今のライフスタイルが好きで。

その先のことを考えながら。
よりよい時間を過ごせるように。
笑顔でいられるように。

今日も旅を満喫するのだった。

ショウナイホテル スイデンテラス
https://suiden-terrasse.yamagata-design.com