ザ パレス ラウンジ

ある意味。
執着を手放すことに成功したのだと思う。

変えられるのは、自分と未来。
それを身をもって理解することで。
客観視することができると。
とても身軽になるのだと知った。

喜怒哀楽は健在で。
ワタシはこの日も忙しかった。
意見を交わすこと。
優秀なコンサルタントの彼女の選択を聞きながら。
ワタシなら絶対にそうしない。と息巻く。
当事者でないから。
それ以上のことは出来ないし、する必要もない。
求められていないことを。
どこまでするのか、は。
お節介の域なのか、自己満足なのか。投影か。
そんなことを考えながら。

不条理な話に揺さぶられたり。
ワタシ自身が忘れていた記憶を呼び起こしたり。

化学反応を起こしながら。
また違う場所から、自分を眺めるのだった。

ザ パレス ラウンジ (パレスホテル東京)
https://www.palacehoteltokyo.com/restaurants-bars/