ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町(朝食編・クラブラウンジ)

紀尾井町の空気感が好きだった。
それでも最後まで馴染めなかったように思う。
私の居場所ではないような気がして。
やっぱりどこか居心地が悪かった、というのが本音だと思う。

いざ、離れることになった今。
私は何を感じて、何を思うのだろう。
そう思っていたけれど。
泣くこともなく。
移りたくないという感情が沸くこともなく。

そもそも、似つかわしく無かったのだろうと思いながらも。
私は、紀尾井町のその空気が好きだったことだけは確かで。
3年半を過ごしたことが、幻になってしまわぬように。
それだけを心に刻んだ。

流れるように。
流されるように。
時に抵抗しながらも、修行を積むしかないのだから。
魂の修行をして。
今を生きて。
自分のことを好きでいられるように。
今日も、自分が心地よい居場所作りをしているのだろう。

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町
https://www.princehotels.co.jp/kioicho/