アル・ケッチャーノ

まずはガイドブックから。
とてもミーハーな行動でしょうけれど。
山形に関する情報が極端に足りなかったので。

随分と前に、何かで紹介されていたことを思い出した。
ここのアル・ケッチャーノ。
せっかくなので、品数が一番多いCコースをオーダー。

山育ちのせいか。
魚介系が大好き!というタイプではない。
けれど、この岩牡蠣は美味しかった。

そして、このノドグロも山芋との相性が抜群で。
パリパリと焼かれたカワも食欲をそそる。

車海老も大好きで。
あれ。魚介類、好きなの?と、自分でツッコミを入れる。

そうだった、生で食べることに慣れていないだけだった。
そう思い直して。
カリカリと車海老の頭を齧っていた。

最後のメインに。
わざわざ、山形牛A5級のステーキにグレードアップしてもらったのだけれど。

うむ。
高級すぎてですね。
もうこのサシの多い和牛が受け付けないということを身に沁みて。

Bコースくらいがよかったかな。
とか、
欲張って山形牛にしなければよかったかな。とか。
うっすらと後悔しながらも。

山形の地の食べ物を、存分に頬張り。
結局、満足してホテルへ戻ったのだった。

アル・ケッチャーノ(山形県鶴岡市)
http://www.alchecciano.com